空き部屋問題の解消にマンション大規模修繕

駐輪場に対して必要なメンテナンスはというと、フェンスや屋根の取り換えや、錆の処置・塗り替えなどがあります。
駐輪場は、自転車を使わない方もいる事や、実際に住みごこちには関係のあまりないところですので、比較的後回しにされ本気な箇所デス。ですが、利用 者が少ないからといって後回しにして放置をしておくのは一押し出来ません。
数多くのマン ションでは10年〜15年に一度、足場などをかけておおきな規模に修繕をするもので、建物診断から工事、最後の点検までには費用も時間も手間もかかります。
マンションを住みやすい状態に保つと一緒に、資産価値を高め、長くその機能を維持するためには必要不可欠なのが、大規模修繕工事です。
駐輪場は直接住む場所ではありませんが、 こうした処置を適切に行っとくことによって、水漏れやトラブルを事前に回避する事になって、また、美観という観点からも大きな優れた点があります。
ここ では、その大きな規模修繕工事のときに気をつけたい場所について紹介をします。そのなかでも、マンションの共用部分といえる「駐輪場」について紹介をしましょう。
駐輪場は風雨にさらされやすく、定期的にメンテナンスやりなければ傷みやすい箇 所だからです。そして前述のように、定期的にメンテナンスやりない事によって、かえってトラブルが大きくなってしまう事もあるからデス。

 

さらに、駐輪場自体が足りていない場合や、長期間で居住者に変 化が見られた場合(比較的自転車の使用が多い、若い家族が増えた場合など)には増設が必要になる事もあります。
マンションの立地や駐輪場の設備に よっては居住者しか使えないみたいにゲートを設置をしたり、柵を設置することも必要となります。


ホーム RSS購読 サイトマップ