空き部屋問題の解消にマンション大規模修繕

新築のときはマンションは、もちろんキレイでタフですが、劣化を経年と並んでしていくものです。
修繕といってもマンションが新しいうちはそこまで必要な箇所が少ないため、まかなえるケースがこの修繕積立金のみで多いみたいですけど、年数の経ったマンションではそうはいきません。

 

高額な予算がこれは、か かるもので、大規模に足場などをかけて行うその名の通りの工事になりますので、事前にしっかり計画だてて行う必要があります。
まず長期修繕計画を立てるメリットは、マンション全体の共用部分などを洗い出して、しっかりと全体のバランスを見たうえで修繕の計画を立てる事で 「工事の漏れ」などを防ぎ、マンションの資産価値を長期間にわたって下げないという利点があります。
10年〜15年くらいに一度、マンションの資産価値をあげ、住みやすい状態を保つた めには、大規模修繕工事として共用部分の修繕とか躯体維持のために必要な工事をほどこすことが必要となります。
大きな規模修繕工事の費用には、通常、マ ンション購入者が積み立ててる「修繕積立金」があてられます。
このようなおおきい規模修繕工事を、「いつ」「どこの部分を」「どのように」修繕をするか、「長期修繕計画」とは、25〜30年などの長いスパンで計画をするこ とをいいます。
大きなもうひとつのメリットとしては、資金計画が長期間修繕計画がある事によって立てやすいという点があります。
マンションの管理組合と業者がこうした長期修繕計画は、共同でつくる事が多いみたいですが、そのメリットについてここでは紹介します。
行き当たりばったりではなく、ある程 度の修繕計画をデータをもとに立てておけば、修繕工事がほんとに必要になる前に手を打って行けるので、住民の満足度も結果的に高まります。予算が大規模修繕工事を行う目前になって足りないことがわかり、ローンを組んだり、一時 金として徴収したり、という管理組合もありますが、事前にしっかりと本来であれば必要な予算を用立てておきたいものです。


ホーム RSS購読 サイトマップ