空き部屋問題の解消にマンション大規模修繕

「できるだけ新築のようにキレイに保ちたい」とい う方もいれば、同じマンションの住民とはいっても、「住めれば多少不都合があってもそれでいい」という方もいます。そのような住民ごとの意見を集約し、長期修繕計画は、マンション全体の合意を つくるものとしても役だつのです。

 

ながい期間でそんなマンションの大規模修繕をとらえた計画、「長期修繕計画」は、いつだれが 一体つくるものなんでしょうか?
理想をいうと、新築でマンションができて長期間修繕計画をつくるのはすぐが良いようです。
実際に修繕工事をするときに住民の理 解を得ておく事は、不可欠になります。
15年程度経つと新築のマンションに入居をした場合、大きな規模修繕工事が行われる事が多いデス。
建物の劣化を抑え、マンションの修繕は、住みやすい状 態を保ち、資産価値を保つためにはかかすことができない重要なことです。
そこまで先んじて修繕するべ き箇所はどこか、を考えるのは困難なことではありません。
どうしてそんな状態で修繕 箇所を調べるのか?と思う方もいるかも知れませんが、いつごろ、どこが劣化しやすいのか?
を沢山のマンションの事例やデータをもとに決めます。
ながい期間修繕計画の立て方についてココでは、紹介しましょう。

 

苦労する事もマンション管理組合といってもプロフェッショナルの集団ではありませんから、多いとおもい ますが、早いうちにプロである管理会社などの協力のもとに作成をすれば、計画は出来上がるでしょう。

 

そして、長期間修繕計画をいったんつくったあとは、広報や説明を住民にシッカリしておくことと、計画を定期的に見直すことが必要になります。
マンションの管理組合が主体となり、管理会社などの業者の協力を得つつ長期修繕計画は、作るものですが、最初の大規模修繕の時にその多くがよう やく計画をつくる事が多いようです。


ホーム RSS購読 サイトマップ