空き部屋問題の解消にマンション大規模修繕

ココでは、そんな大きな規模修繕工事をする際に気を 付けたい箇所、生垣や植栽の管理について紹介をしましょう。
このような大きな規模修繕工事は10年〜15年に一度、計画的にするものですから、居 住者の満足度を高め、マンションの資産価値をたかめられるよう、工事個所の漏れのないみたいにやりたいですね。
生垣がちょうど道路からの柵の役目を果たしていて、安全性を担保している という光景も良く見られますね。
基本的には問題がなければ、植栽や生垣はそのままで良いですが、植栽の配置換えや生垣の撤去・配置などは大がかりな作業となりますので、大きな規模修繕 の時にいっしょに検討すると良いでしょう。勿論、駐輪場の増設が必要になって植栽を撤去しなければならなくなった場合や、住民から虫などの苦情が出て いる際には、対応しないとなりません。そのエリアとかマンションにより適切な植物は変わってきますので、専門家の意見を十分に取り入れながら検討するこ とが重要デス。
植物の種類や植えられてる場所により、落ち葉のゴミで悩んでいる方がいたり、発生をする虫に不快な思いをしてる方もいらっしゃるかもしれません。
基本的には、こういった植栽や生垣の選定は定期的に行われてるケースが多いみたいですが、では、大規模修繕工事を行う際に は、どういった工事が発生する事が多いのでしょうか。
植や生垣栽は、マンション全体の生活環境とかムードづくりに外せないもの。
居住者の意見を聞くためには、こうした点はアンケートなどを使って調べるのもひとつの手段かもしれませんね。

 

マンションの機能を正常に維持をするためにも、必要不可欠といわれるおおきい規模修繕工事。その内容としては、外壁の塗り替えや防水工事など大きなものか ら、階段の手すりの塗り替えや小さなひび割れの修繕まではばひろくます。


ホーム RSS購読 サイトマップ